目的や人に合わせたカードローンについて

カードローンの中には自営者に対してのサービスを提供しているプロミスもあります。自営者とは主に自営業を営んでいる方のことです。現在では会社に所属をせずに働く人も存在しており、自営業で発生した利益で生活を行います。当然その利益には所得税などがかかります。そのため、年に1度確定申告を行い税金を納める方が一般的です。実際に自営業をされている方の中には急に資金が必要になるケースもあります。例えば税金の支払いです。会社に所属している方は会社の経理の方が社員一人一人の所得税を計算して、その所得税が給料から天引きされるので所得税のことを考慮する必要があまりありません。一方で自営業においては所得税を把握していないと確定申告の時に税金の支払いができなくなる可能性もあります。当然支払わなければ税務署から指摘を受けますから自営業の方は利益に応じて支払いをしなければなりません。

自営者のカードローンサービスを提供するところで契約をすれば自営業の方でも急な出費が発生した時に借入をして資金を調達することができます。

その他にも目的ローンを提供するところもあり、目的ローンでは教育資金や結婚資金などに利用することができます。

30日間金利が無料なサービスを提供するところがある

基本的に銀行系カードローンは金利は消費者金融に比べて安いですが、金利を無料にしてくれるところは少ないです。無料にすることでその分利益が減ることになり、利用者は借入額だけを支払えば完済できるため、利用者にメリットが大きいです。一方で消費者金融のカードローンとして知られるアコムは30日間金利を無料で提供してくれます。期間が比較的長いため、無利息の消費者金融と契約をすることで、様々なことに活用ができます。例えば、一時的に利用することで無利息でお金を借りることができる点です。例えば家賃などを一時的に借入し、30日間以内に返済をすれば無利息で家賃を支払うことができます。また、ボーナスの月に借りて、30日間以内に返済をすれば返済負担が少なくなります。

銀行系カードローンでは総量規制があるので、一般的に上限なしで貸付を行うことができます。一方で消費者金融は総量規制対象内ですから、総量規制内で貸付をします。上限がない方が良いのではないかと思われる人もいますが、消費者金融の中には最高で1000万円近くまでお金を借りられるところがあります。当然収入によって融資可能額は変わりますが、消費者金融でも多くの額を借り入れすることができるでしょう。

ポイントが貯まるカードローンがある

カードローンのサービスを提供する消費者金融では銀行系とは異なりポイントを付与してくれるサービスを提供するノーローンもあります。どのようなポイントカードに付与するのかを各コースから選択することができ、自分の付けたいポイントカードにポイントを加えることができます。ポイントが付与される時は返済をした時で返済額に応じてポイントを受け取ることができます。
銀行系のカードローンで返済ごとにポイントが貯められる消費者金融は少ないため、メリットを感じる人も多いのではないでしょうか。

一週間何度も無利息で借入ができるところもあります。一週間の期間利息が付かないので支払いの負担を減らすことができます。更に条件はあるものの、何度も利用することができるので、消費者金融のカードローンを選択する方が多いです。基本的に銀行系のカードローンにおいては金利は消費者金融に比べて安くなっていますが、無利息で提供してくれるところは少なくなっています。

24時間取引が可能な点も消費者金融カードローンの魅力の一つです。例えば残業帰りに借入をし、朝早く旅行で出かける時に利用することが可能です。このように銀行系カードローンの違いがたくさんありますが、自分が好みのところを選択しましょう。

銀行系カードローンの比較について

日本にはお金を借入できるところはたくさんあります。多くの人が想像できる借入先として知られているのが銀行系のカードローンと消費者金融でのカードローンではないでしょうか。カードローンを利用することで現金を調達できるため、既に銀行系や消費者金融のカードローンを利用している人は多いです。

お金を調達しなければならない機会はたくさんあります。例えば毎月支払いをしなければならない家賃や光熱費、友達から急に旅行に誘われてカードローンでお金を借りて費用を調達する人も少なくありません。このような状況に陥った時、友達や親御さんに相談をして借りることに抵抗がある人もたくさんいますから、そのような人は銀行や消費者金融のカードローンを利用して自分の責任でお金を借りることになります。

決して誰でも借入ができるということではありません。例えば重量規制などもありますから、その規制に引っかかってしまった方は新たに借り入れをすることは難しいでしょう。また、収入が安定しないと返すことができる見込みが少ないため契約をしてくれない消費者金融や銀行系のカードローンもあります。また、過去に支払いができずに自己破産をしてしまった方は審査の通過が難しくなることがあります。

実際を検討している方の中には銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンの選択で迷われているという人も少なくないでしょう。今回は銀行系のカードローンと消費者金融のノーローン、アコム、プロミスを比較してどのようなメリットがあるのかを紹介します。