目的や人に合わせたカードローンについて


カードローンの中には自営者に対してのサービスを提供しているプロミスもあります。自営者とは主に自営業を営んでいる方のことです。現在では会社に所属をせずに働く人も存在しており、自営業で発生した利益で生活を行います。当然その利益には所得税などがかかります。そのため、年に1度確定申告を行い税金を納める方が一般的です。実際に自営業をされている方の中には急に資金が必要になるケースもあります。例えば税金の支払いです。会社に所属している方は会社の経理の方が社員一人一人の所得税を計算して、その所得税が給料から天引きされるので所得税のことを考慮する必要があまりありません。一方で自営業においては所得税を把握していないと確定申告の時に税金の支払いができなくなる可能性もあります。当然支払わなければ税務署から指摘を受けますから自営業の方は利益に応じて支払いをしなければなりません。

自営者のカードローンサービスを提供するところで契約をすれば自営業の方でも急な出費が発生した時に借入をして資金を調達することができます。

その他にも目的ローンを提供するところもあり、目的ローンでは教育資金や結婚資金などに利用することができます。